インプラントを
長持させるためのポイント

長持ちさせるための秘訣は
メインテナンスです

インプラントは治療が完了したからといってそのままケアを怠ると、インプラント周囲に歯周病のような症状が起こり、インプラントが抜け落ちてしまうこともあります。こうした事態を避けてインプラントを長持ちさせるためには、治療後のメインテナンスが何よりも肝心です。

「広島タワーデンタルクリニック」「呉駅前歯科・矯正歯科」が監修する「広島歯周病インプラントセンター」では、患者様のお口の状態や年齢に合わせてメインテナンスの時期をお伝えしています。定期検診でプロのケアをしっかりと受けることで、インプラントをいつまでも快適に使い続けましょう。

  • PICK UP!!
  • インプラント歯周炎とは
  • インプラントは、生体親和性の高いチタンでできています。チタンは耐久性に優れているため、メインテナンス次第でかなり長い期間使い続けることができます。しかしメインテナンスを怠ると、インプラント周囲炎を招き、抜け落ちてしまうこともあります。せっかく手術して埋め込んだインプラントは、できるだけ長持ちさせたいもの。そのためにはご自宅での毎日の適切なブラッシングに加え、歯科医院での定期的なメインテナンスが欠かせません。インプラントとともに快適な生活を送り続けるため――、つまりはご自身のために、積極的にメインテナンスに取り組みましょう。

自宅でのメインテナンス

ブラッシング

自分自身ではしっかりブラッシングできているつもりでも、実際にはどうしても磨き残しが出てしまうもの。歯科医院にてブラッシング指導を受けて自身のクセを改善し、正しいブラッシングを心がけましょう。

歯科医院でのメインテナンス

定期検診

神経のないインプラントは、なかなか自分では異常に気づきにくいもの。定期検診でレントゲン撮影や噛み合わせの確認などを行ってインプラントの状態をチェックして、異常の早期発見・早期治療を目指しましょう。

PMTC

ご自宅でのブラッシングは、どんなにていねいに行っても、どうしても取りきれない汚れが残ってしまうもの。それを歯科医院にて、医師または衛生士が専門の器具を使って徹底的にクリーニングする処置がPMTCです。

歯科衛生士による管理

インプラントを長持ちさせるには、インプラントを支える歯周組織を正しく管理していくことが必要です。当センターでは7名の歯科衛生士が在籍しており、メインテナンスのプロとして、一人ひとりの患者様に適したメインテナンスプログラムを作成。インプラント治療では、術後のメインテナンスが非常に大きな役割を果たしているだけに口腔内の状態をしっかりと管理しています。

また、当センターでは海外でインプラント治療を受けられた方の治療の継続もお受けするのと同時に、治療が完了された方にも定期的なメインテナンスをおすすめしています。特に歯科衛生士によるメインテナンスプログラムには定評をいただいていますので、どうぞ安心して当センターにメインテナンスにお越しください。