カウンセリングから治療
メインテナンスまでの流れ

インプラント治療における
一連の流れをご紹介します

「広島タワーデンタルクリニック」「呉駅前歯科・矯正歯科」が監修する「広島歯周病インプラントセンター」がインプラント治療の流れをご紹介します。当センターでは、カウンセリングからメインテナンスまで患者様の視点に立って丁寧に治療を行っています。インプラントをご検討中の方は、当センターまでご相談ください。新規にもリカバリーの治療にも対応しています。

新規でインプラント治療を行う際の流れ

Step01
カウンセリング
患者様一人ひとりに合ったインプラント治療をご提案するために、口腔内の状態を確認させていただき、なぜインプラントを希望されているかなどのお話をじっくり伺います。トラブルがある場合には、その対処法も含めた治療法をご提案します。
Step02
検査

インプラント治療を行うには、口腔内はもちろんのこと顎の骨の状態も把握する必要があります。当センターでは、レントゲン、歯科用CTなどで口腔内を撮影し、精密なデータを収集してかた診断を行います。

Step03
一次手術

局所麻酔を行ったうえで歯ぐきを切開し、顎の骨にインプラントを埋め込んで縫合します。一次手術に関しては入院の必要はありません。

Step04
抜糸
約1~2週間後に抜糸を行い、手術した部分の傷口の回復具合を確認します。
Step05
治癒期間
傷口が治癒し、インプラントと顎の骨がしっかり結合するまでは2~3ヶ月の期間を要します。治癒にかかる期間は上顎のほうが比較的長めになります。
Step06
定期検診
治癒期間には、3週間~1ヶ月に1回の割合でご来院いただき、手術した部分や口腔内の状態などを確認させていただきます。
Step07
二次手術

インプラントと顎の骨の結合が確認できたら、歯ぐきを再び開き、人工歯を取り付けるためのアバットメントをインプラントに装着します。開いた傷口が治癒するまでまた1~4週間ほど待ちます。

Step08
人工歯の作製・装着

歯ぐきの傷口が治癒したら型を採り、人工歯を作製します。人工歯にはセラミックを用いるため、ご自身の歯の色調に合わせてつくることができるため、見た目も自然です。

Step09
メインテナンス

インプラント治療は、人工歯を装着してひとまず完了です。しかし、もっとも重要なのは、その後も定期的なメインテナンスを行うことです。インプラント周囲炎などでせっかく手術したインプラントを失わないために、メインテナンスを徹底しましょう。

インプラントリカバリー治療の流れ

Step01
カウンセリング
痛みや腫れ、人工歯やインプラントの脱落などのトラブルについてお伺いします。口腔内の状態を確認させていただき、異常がないかをチェックします。
Step02
応急処置(必要あれば)
痛みなどがある場合、リカバリー治療を行う前に応急処置を行います。
Step03
再カウンセリング

インプラントに関するお悩みやご要望を再確認したうえで、一緒に治療計画を立案します。快適な口腔内を取り戻すためにも、じっくり時間をかけてお話させていただきます。ご質問やご相談ごとなどがありましたら、遠慮なくおたずねください。

Step04
精密検査

治療計画の方向性が決まりましたら、レントゲン撮影やCT撮影など、治療計画立案に必要な口腔内の検査を行います。

Step05
治療計画立案
検査結果にもとづき、具体的な治療計画を策定します。治療内容はもちろん、費用や治療期間についても同時にご説明しますのでご安心ください。わかりやすい説明に努めますが、ご不明な点がありましたら、遠慮なくお申し付けください。
Step06
治療
計画に沿って治療を開始します。当院ではできるだけ患者様へ負担がかからないよう痛みの少ない治療に努めていますので、安心して治療にお臨みください。
Step07
メインテナンス

治療後は、快適な口腔内を維持するためにメインテナンスが欠かせません。再びインプラントのトラブルに悩まされることのないよう、怠ることなくメインテナンスに取り組みましょう。